デベロッパーズブログ

  1. HOME > 
  2. 加藤 正人のデベロッパーズブログ > 
  3. CakePHP の小ネタ

加藤 正人のデベロッパーズブログ

加藤 正人

氏名
加藤 正人
役職
多分SE
血液型
秘密
出没
美味しいもののあるところ
特色
タヒチ大好き。ちょいメタボ。

加藤 正人

2014/07/26

CakePHP の小ネタ

 

先日お客様サイトでページ体裁を変更する仕事があったのだが、実サイトでお客様に確認してもらう必要があった。ただし、現状のページは一般の人にはそのまま表示され続けなければならないという制限があった。

このような場合、これまでは当該ページを管轄するコントローラにテスト用ページのアクションとテンプレートを追加していたのだが、承認が下りた後追加したアクションの削除が面倒だ。

ということで、包括的にテストページを試すためのネタを考えてみた。

  1. URL パラメータで本来のページURLに情報を付加
  2. 付加したパラメータに従ってテスト用テンプレートを選択
  3. パラメータがない場合は本来のテンプレートを選択
  4. パラメータに合致するテンプレートが実在しない場合も本来のテンプレートを選択

このようにしておけば、違和感なくテストページを見てもらえると思う。たとえば、http://www.hogehoge.com/user/blog/id:1 のような URL を持つページに対し、http://www.hogehoge.com/user/blog/id:1?test=1 のようにすると本来のテンプレートではなく、"{本来のテンプレート}_test_1" を使用するような方法だ。同様に ?master=2 のようにすると、レイアウトも "{本来のレイアウト}_test_2"  を使用するようにしておくと便利だ。

これを実現するには、コントローラの render() パブリックメソッドをオーバーライドするのが早い。

class FrontpageController extends AppController
{
	// …【中略】…

	// CakePHP 2.x 用 render() メソッドのオーバーライド
	public function render($view=NULL, $layout=NULL)
	{
		if ( is_null($view) )
		{
			$view = $this->request->params['action'];	// 既定値のビュー
		}
		if ( strlen($tmp=@$this->request->query['test']) > 0 )
		{
			$tmp_view = "{$view}_test_{$tmp}";	// URL に test= がパラメータとして付加されていた場合はテスト用テンプレートで表示する
			if ( file_exists(APP . 'View' . DS . $this->name . DS . $tmp_view . '.ctp') )
			{
					$view = $tmp_view;	// テスト用テンプレートが実在するならテスト用テンプレートに切り替える
			}
			else
			{
				// テスト用テンプレートが実在しないなら本来のテンプレートを使用する
				// (もし必要ならここにエラー処理を記述する)
			}
		}
		if ( is_null($layout) )
		{
			$layout = $this->layout;	// 既定値のレイアウト
		}
		if ( strlen($tmp=@$this->request->query['master']) > 0 )
		{
			$tmp_layout = "{$layout}_test_{$tmp}";
			if ( file_exists(APP . 'View' . DS . 'Layouts' . DS . $tmp_layout . '.ctp') )
			{
				$layout = $tmp_layout;	// テスト用レイアウトが実在するならテスト用レイアウトに切り替える
			}
			else
			{
				// テスト用レイアウトが実在しないなら本来のレイアウトを使用する
				// (もし必要ならここにエラー処理を記述する)
			}
		}
		parent::render($view, $layout);
	}
	// …【以下略】…
}

上記のように自コントローラで render() をオーバーライドしておく。

ただし、この方法には欠点が1つある。

この方法を採用した場合、autoRender による自動レンダリングを利用しているアクションの場合は正しく動作しないので、そのようなアクションにはアクションから離脱する箇所に $this->render(); を追加しておく必要がある。

こうしておけば、本来のビューテンプレートlと同じ場所に "{テンプレート名}_test_1"、"{テンプレート名}_test_2" というテンプレートが存在していれば、http://ホニャララ/?test=1 とか http://ホゲホゲ/?test=2 のようにしてビューを切り替えて同じサイト上で見かけの変更を簡単に確認することができる。

また、確認が終わったら不要なテンプレートを削除するだけでコントローラには手を加えなくてよい。

関連タグ: CakePHP2 

関連エントリー

CakePHP 2.x の Cookie と js.cookie.js

時刻入力用 jQuery Plugin TimePicki の不具合調整

CakePHP プラグインで HTTPS 判定

作業用モデルビヘイビア

CakePHP のバリデーション時に状況に応じてバリデーションルールを変更する

CsvLoader ビヘイビアを使って CSV を一発でロードする Cake Shell

CakePHP の Security コンポーネント、ベーシック認証、CGI

形態素解析システム MeCab (めかぶ) を CakePHP から利用する

Google APIs Client Library を CakePHP から利用する

分数電卓を作ってみる・その2

分数電卓を作ってみる・その1

CsvLoaderBhavior - CSV データを CakePHP で扱うための一手法・その2

 CsvLoaderBhavior - CSV データを CakePHP で扱うための一手法

CakePHP でストアドファンクション

テキストフィールドを CSV として処理する CakePHP ビヘイビア・補足

テキストフィールドを CSV として処理する CakePHP ビヘイビア・その2

テキストフィールドを CSV として処理する CakePHP ビヘイビア・その1

Google Maps で郵便番号⇒住所変換・その2

テキストを自動整形する簡易 CakePHP ヘルパー

Google Chart へのアクセスをヘルパーで実装してみる【その2】

Google Chart へのアクセスをヘルパーで実装してみる【その1】

Google reCAPTCHA を使いやすくする

駅データ.jp のデータを CakePHP から使う

UploadPack を Exif Orientation 対応にする

作業用テーブル処理を再利用可能なツール化してみる・その1

クリックイベントが2回実行される?!

CakePHP のフォームで required・その2

CakePHP の Paginator の sort() で昇順ソート時に NULL 値を最後にしたい

CakePHP のフォームで required

UploadPack のヘルパーメソッド名称が変わっていた

CakePHP 2.x の PaginatorHelper::sort の不思議

CakePHP で四苦八苦 - あるフィールドにだけ値が書き込まれない

UploadPack で四苦Hack その後

CakePHP の小ネタ

CakePHP v2 のエラー処理

IE10 と CKEditor

2013/03/23
IE10 と CKEditor

UploadPack で四苦Hack・その2

Paginator で見かけの URL を使用する方法

「Notes プラグインが見つかりません」

CakePHP v2 で HTTP エラー画面をカスタマイズする

UploadPack で四苦Hack

PHP 5.4 と CakePHP 2.x

お気軽にお電話ください 052-875-9930 年中無休にて対応しております

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る