デベロッパーズブログ

  1. HOME > 
  2. 加藤 正人のデベロッパーズブログ > 
  3. 駅データ.jp のデータを CakePHP から使う

加藤 正人のデベロッパーズブログ

加藤 正人

氏名
加藤 正人
役職
多分SE
血液型
秘密
出没
美味しいもののあるところ
特色
タヒチ大好き。ちょいメタボ。

加藤 正人

2014/08/09

駅データ.jp のデータを CakePHP から使う

 

鉄道路線と駅のデータを無償提供してくれている「駅データ.jp」さんのデータを、CakePHP からなるべく簡単に使う方法を考えてみた。

折角だから、CakePHP のキャッシュを使って駅データサーバへのアクセスを減らすようにした。

//
// 駅データ.jp API をアクセスするためのクラスとメソッド群
//
class EkiDataAccess extends Object
{
	const CacheKey = 'EkiData';

	public function __construct()
	{
		// 駅データ.jp 用キャッシュキー設定
		if ( !Cache::config(self::CacheKey) )
		{
			// EkiData キャッシュが設定されていない場合のみ既定値で設定する。
			Cache::config(self::CacheKey, array(
				'engine' => 'File',
				'duration' => '+7 days',	// キャッシュの有効期限は7日
				'path' => CACHE . self::CacheKey . DS,
				'prefix' => 'ekidata_',
			));
		}
		parent::__construct();
	}
	// 都道府県 ID で指定された都道府県に所属する路線の一覧を配列形式で返す
	// 第2パラメータ $full が true の場合は、取得したデータをそのまま配列化して返す。
	// false の場合は {路線コード} => {路線名} の連想リストとして返す
	public function getLinesByPrefId($id, $full=TRUE)
	{
		if ( !($result=Cache::read("p_{$id}", self::CacheKey)) )
		{
			$result = Xml::toArray(Xml::build("http://www.ekidata.jp/api/p/{$id}.xml"));
			if ( !@$result['ekidata']['line'][0] )
			{
				// line 構造が1つしかない場合の処理
				$result['ekidata']['line'] = array($result['ekidata']['line']);
			}
			Cache::write("p_{$id}", $result, self::CacheKey);
		}
		if ( !$full )
		{
			$tmp = array();
			foreach ( $result['ekidata']['line'] as $l )
			{
				$tmp[$l['line_cd']] = $l['line_name'];
			}
			$result = $tmp;
		}
		return $result;
	}

	// 路線 ID で指定された路線に所属する駅の一覧を配列形式で返す
	// 第2パラメータ $full が true の場合は、取得したデータをそのまま配列化して返す。フルデータには路線名情報も含まれている。
	// false の場合は {駅コード} => {駅名} の連想リストとして返す
	public function getStationsByLineId($id, $full=TRUE)
	{
		if ( !($result=Cache::read("l_{$id}", self::CacheKey)) )
		{
			$result = Xml::toArray(Xml::build("http://www.ekidata.jp/api/l/{$id}.xml"));
			if ( !@$result['ekidata']['station'][0] )
			{
				// station 構造が1つしかない場合の処理
				$result['ekidata']['station'] = array($result['ekidata']['line']);
			}
			Cache::write("l_{$id}", $result, self::CacheKey);
		}
		if ( !$full )
		{
			$tmp = array();
			foreach ( $result['ekidata']['station'] as $s )
			{
				$tmp[$s['station_cd']] = $s['station_name'];
			}
			$result = $tmp;
		}
		return $result;
	}

	// 駅 ID で指定された駅情報を返す
	public function getStationDetailByStationId($id)
	{
		if ( !($result=Cache::read("s_{$id}", self::CacheKey)) )
		{
			$result = Xml::toArray(Xml::build("http://www.ekidata.jp/api/s/{$id}.xml"));
			Cache::write("s_{$id}", $result, self::CacheKey);
		}
		return $result;
	}
}

使用する場合は CakePHP のコード中で以下のようにする。

	App::uses('EkiDataAccess', {配置した場所});	// EkiDataAccess クラスをロードする

	$ekidata = new EkiDataAccess();	// EkiDataAccess クラスのインスタンスを生成する

	// 都道府県番号 (1~47) で指定された都道府県に所属する路線の簡易一覧を取得する
	$line_list = $this->ekidata->getLinesByPrefId({都道府県番号}, FALSE);
	// 駅データ.jp の路線番号で指定された路線の所属駅の簡易一覧を取得する
	$station_list = $this->ekidata->getStationsByLineId({駅データ.jp の路線番号}, FALSE);

以上で CakePHP から「駅データ.jp」の路線駅情報をアクセスできる。

関連タグ: 駅データ.jp  CakePHP2 

関連エントリー

CakePHP 2.x の Cookie と js.cookie.js

時刻入力用 jQuery Plugin TimePicki の不具合調整

CakePHP プラグインで HTTPS 判定

作業用モデルビヘイビア

CakePHP のバリデーション時に状況に応じてバリデーションルールを変更する

CsvLoader ビヘイビアを使って CSV を一発でロードする Cake Shell

CakePHP の Security コンポーネント、ベーシック認証、CGI

形態素解析システム MeCab (めかぶ) を CakePHP から利用する

Google APIs Client Library を CakePHP から利用する

分数電卓を作ってみる・その2

分数電卓を作ってみる・その1

CsvLoaderBhavior - CSV データを CakePHP で扱うための一手法・その2

 CsvLoaderBhavior - CSV データを CakePHP で扱うための一手法

CakePHP でストアドファンクション

テキストフィールドを CSV として処理する CakePHP ビヘイビア・補足

テキストフィールドを CSV として処理する CakePHP ビヘイビア・その2

テキストフィールドを CSV として処理する CakePHP ビヘイビア・その1

Google Maps で郵便番号⇒住所変換・その2

テキストを自動整形する簡易 CakePHP ヘルパー

Google Chart へのアクセスをヘルパーで実装してみる【その2】

Google Chart へのアクセスをヘルパーで実装してみる【その1】

Google reCAPTCHA を使いやすくする

CakePHP の小ネタ

UploadPack を Exif Orientation 対応にする

作業用テーブル処理を再利用可能なツール化してみる・その1

クリックイベントが2回実行される?!

CakePHP のフォームで required・その2

CakePHP の Paginator の sort() で昇順ソート時に NULL 値を最後にしたい

CakePHP のフォームで required

UploadPack のヘルパーメソッド名称が変わっていた

CakePHP 2.x の PaginatorHelper::sort の不思議

CakePHP で四苦八苦 - あるフィールドにだけ値が書き込まれない

UploadPack で四苦Hack その後

CakePHP の小ネタ

CakePHP v2 のエラー処理

IE10 と CKEditor

2013/03/23
IE10 と CKEditor

UploadPack で四苦Hack・その2

Paginator で見かけの URL を使用する方法

「Notes プラグインが見つかりません」

CakePHP v2 で HTTP エラー画面をカスタマイズする

UploadPack で四苦Hack

PHP 5.4 と CakePHP 2.x

お気軽にお電話ください 052-875-9930 年中無休にて対応しております

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る