デベロッパーズブログ

加藤 正人のデベロッパーズブログ

加藤 正人

氏名
加藤 正人
役職
多分SE
血液型
秘密
出没
美味しいもののあるところ
特色
タヒチ大好き。ちょいメタボ。

加藤 正人

2017/02/20

CakePHP3 と SQLite

 

PHP 5.x 以降には、SQLite というデータベースがバンドルされている。CakePHP には SQLite 用のドライバが標準添付されており、簡単に利用できる。

今回は CakePHP 3 で SQLite を使用する方法を調べてみた。

SQLite の特徴

CakePHP 3 から SQLite を利用する

CakePHP 3 から SQLite を利用する場合は、 Datasources セクションの定義、Table 定義時のコネクション設定、および Table 初期設定などが必要となる。

Datasources セクションの定義

config/app.php の 'Datasources' セクション ('Datasources' => [ …【中略】… ] として定義) に、以下のコードを追加する。

これにより 'SQLite' というデータソース名が定義される。(他のデータソース定義と重複しなければ別の名称でも可。)

なお、'database' 項に指定できるのは「ファイル名」のみで、URI 記法は利用できない。これは CakePHP 3 の SQLite ドライバーの制限である。このため、接続パラメータやデータベースオプションをファイル名に埋め込む方法は利用できない。またパスやサブフォルダをつけない純粋な ':memory:' はファイル名として予約されており、この文字列を指定した場合はデータベースはメモリー内にのみ配置されファイルは使用しない。(パスなどを付加した、例えば './:memory:’ 等はメモリー内データベースファイル指定とは認識されず、ファイルとして処理しようとする点に注意)

テーブル定義

SQLite を使用するテーブルの定義で、データソースとして 'SQLite' を指定する。CakePHP 3 ではプロパティではなく、データソース名文字列を返す静的メソッドで定義する。これにより、テーブルオブジェクト生成時に 'SQLite' データソースを使用することを明示できる。

 

なお、テーブルデータベースの実体は通常はデータソースの 'database' 項で指定した単一のファイルに格納され永続的なものになるが、':memory:' でメモリー内データベースを指定した場合はデータベースは当該データベースへの接続がクローズされると直ちに破棄される。また、同じメモリー内データベースに接続できるのは、同一プロセス内で生成された接続に限られる点に注意。

関連タグ: CakePHP3  SQLite3 

関連エントリー

お気軽にお電話ください 052-875-9930 年中無休にて対応しております

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る