デベロッパーズブログ

  1. HOME > 
  2. 加藤 正人のデベロッパーズブログ > 
  3. UploadPack で四苦Hack・その2

加藤 正人のデベロッパーズブログ

加藤 正人

氏名
加藤 正人
役職
多分SE
血液型
秘密
出没
美味しいもののあるところ
特色
タヒチ大好き。ちょいメタボ。

加藤 正人

2013/02/09

UploadPack で四苦Hack・その2

 

CakePHP で画像のアップロードには Szajbe氏の UploadPack をよく使っている。手軽で簡単・便利なのだが、先日再びちょっとしたハマりがあったのでレポート。

今回は画像を保持するテーブルの制限で、primary_key フィールドの名称が 'id' ではなく 'item_base_id' という名称になっていた。

このテーブルに対応するモデルにビヘイビアとして UploadPack.Upload を指定すると、保存は意図したとおりに動作するのだが、ビューで UploadPack が処理した画像の URL を取得すべく

	$this->Upload->url($data, 'ItemBase.picture1', array('style' => 'thumb'));

のようにすると、常にその時点での表示ページの URL が返されてしまい、画像への URL にならない。

困ったときはソースを見よう、ということで UploadPack/View/Helper/UploadHelper.php を見てみると、Upload::url() は以下のようになっている。

    public function url($data, $field, $options = array())
    {
        $options += array('style' => 'original', 'urlize' => true);
        list($model, $field) = explode('.', $field);
        if(is_array($data))
        {
            if(isset($data[$model]))
            {
                if(isset($data[$model]['id']))
                {
                    $id = $data[$model]['id'];
                    $filename = $data[$model][$field.'_file_name'];
                }
            }
            elseif(isset($data['id']))
            {
                $id = $data['id'];
                $filename = $data[$field.'_file_name'];
            }
        }

        if(isset($id) && !empty($filename))
        {
            $settings = UploadBehavior::interpolate($model, $id, $field, $filename, $options['style'], array('webroot' => ''));
            $url = isset($settings['url']) ? $settings['url'] : $settings['path'];
        }
        else
        {
            $settings = UploadBehavior::interpolate($model, null, $field, null, $options['style'], array('webroot' => ''));
            $url = isset($settings['default_url']) ? $settings['default_url'] : null;
        }

        return $options['urlize'] ? $this->Html->url($url) : $url;

        // 以下省略

つまり、当該モデルの主キーとして常に 'id' を使用しているが、今回のモデルには 'id' というフィールドが無いため $url は NULL となり、最後の return で Html ヘルパーの url が呼ばれてデフォルト値で現在の URL が返ってきてしまっているということだった。

モデル定義で primaryKey を指定しても無視しているわけだ。

とりあえず今回使用するモデル ItemBase には id というフィールドは存在していないので、url() メソッドにデータを与える前に $data['ItemBase']['id'] = $data['ItemBase']['item_base_id']; とすることで対応はできるが、本来なら UploadPack 側で primaryKey を見るべきだと思う。

関連タグ: CakePHP2  UploadPack 

関連エントリー

CakePHP 2.x の Cookie と js.cookie.js

時刻入力用 jQuery Plugin TimePicki の不具合調整

CakePHP プラグインで HTTPS 判定

作業用モデルビヘイビア

CakePHP のバリデーション時に状況に応じてバリデーションルールを変更する

CsvLoader ビヘイビアを使って CSV を一発でロードする Cake Shell

CakePHP の Security コンポーネント、ベーシック認証、CGI

形態素解析システム MeCab (めかぶ) を CakePHP から利用する

Google APIs Client Library を CakePHP から利用する

分数電卓を作ってみる・その2

分数電卓を作ってみる・その1

CsvLoaderBhavior - CSV データを CakePHP で扱うための一手法・その2

 CsvLoaderBhavior - CSV データを CakePHP で扱うための一手法

CakePHP でストアドファンクション

テキストフィールドを CSV として処理する CakePHP ビヘイビア・補足

テキストフィールドを CSV として処理する CakePHP ビヘイビア・その2

テキストフィールドを CSV として処理する CakePHP ビヘイビア・その1

Google Maps で郵便番号⇒住所変換・その2

テキストを自動整形する簡易 CakePHP ヘルパー

Google Chart へのアクセスをヘルパーで実装してみる【その2】

Google Chart へのアクセスをヘルパーで実装してみる【その1】

Google reCAPTCHA を使いやすくする

駅データ.jp のデータを CakePHP から使う

CakePHP の小ネタ

UploadPack を Exif Orientation 対応にする

作業用テーブル処理を再利用可能なツール化してみる・その1

クリックイベントが2回実行される?!

CakePHP のフォームで required・その2

CakePHP の Paginator の sort() で昇順ソート時に NULL 値を最後にしたい

CakePHP のフォームで required

UploadPack のヘルパーメソッド名称が変わっていた

CakePHP 2.x の PaginatorHelper::sort の不思議

UploadPack で四苦八苦・再び

CakePHP で四苦八苦 - あるフィールドにだけ値が書き込まれない

UploadPack で四苦Hack その後

CakePHP の小ネタ

CakePHP v2 のエラー処理

IE10 と CKEditor

2013/03/23
IE10 と CKEditor

Paginator で見かけの URL を使用する方法

「Notes プラグインが見つかりません」

CakePHP v2 で HTTP エラー画面をカスタマイズする

UploadPack で四苦Hack

PHP 5.4 と CakePHP 2.x

お気軽にお電話ください 052-875-9930 年中無休にて対応しております

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る