デベロッパーズブログ

  1. HOME > 
  2. 加藤 正人のデベロッパーズブログ > 
  3. PHP 7.x で CakePHP 3.x を使う

加藤 正人のデベロッパーズブログ

加藤 正人

氏名
加藤 正人
役職
多分SE
血液型
秘密
出没
美味しいもののあるところ
特色
タヒチ大好き。ちょいメタボ。

加藤 正人

2018/03/06

PHP 7.x で CakePHP 3.x を使う

 

Fedora 25 以降の環境では、PHP 7.x がインストールされる。この環境でCakePHP の最新リリース (3.x) をインストールすると、インストール自体は問題なくても CakePHP  を実行した時点で以下のような警告が表示され、結果として正しく動作しない。

Warning (2): Declaration of Cake\Chronos\Traits\FrozenTimeTrait::setTime($hours, $minutes, $seconds = 0) should be compatible with DateTime::setTime($hour, $minute, $second = NULL, $microseconds = NULL) [ROOT/vendor/cakephp/chronos/src/MutableDate.php, line 24]
Warning (2): Declaration of Cake\Chronos\Traits\FrozenTimeTrait::setTime($hours, $minutes, $seconds = 0) should be compatible with DateTimeImmutable::setTime($hour, $minute, $second = NULL, $microseconds = NULL) [ROOT/vendor/cakephp/chronos/src/Date.php, line 24]

原因は、PHP 7.x で DateTime::settime() メソッドの引数に第4パラメータとしてマイクロ秒 (省略可) が追加され、setTime() を継承する FrozenTimeTrait::setTime() のパラメータ (3個) と引数の個数一致しなくなったことのようだ。

取り敢えずの措置としては ROOT/vendor/cakephp/chronos/src/Traits/FrozenTimeTrait.php の

    public function setTime($hours, $minutes, $seconds=0)

    public function setTime($hours, $minutes, $seconds=0, $microseconds=0)

のように変更することで CakePHP 3.x 自体は動作するようになる。

ただし、CakePHP の更新で composer を実行した場合の結果は不明だ。(FrozenTimeTrait.php が更新されて FrozenTimeTrait::setTime() が元の3引数のものに戻されてしまう可能性がある。)

恐らく旧バージョンの PHP 対応のため3引数で定義しているのだと思うが、厄介なことだ。

関連タグ: PHP7  CakePHP3 

関連エントリー

お気軽にお電話ください 052-875-9930 年中無休にて対応しております

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る